幼児教室徹底比較ランキング

第1位 伸芽会

  • 3歳児コースなど年齢から選ぶコースで学んでいく

  • 全国各地に教室があるからどこに住んでいても学びやすい

  • 授業の見学会や講習会などのイベントも定期的に開催している

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

伸芽会に対するみんなの口コミ

子どもの幼稚園受験のため、こちらの教室に通わせることになりました。実際に子どもと一緒に授業を見学してみたのですが、本当に...
幼稚園受験のため、こちらの教室で子供を通わせることになりました。こちらでは小学校受験にはもちろん、幼稚園受験にもとても強...
息子がこちらの教室で学んでいます。授業内容もしっかりとした内容で、なおかつ子どもが楽しく学べるような授業内容になっていま...

1956年に幼児教室を開いた歴史ある教室

これまでに60年以上の伝統と、名門学校の受験合格の実績を誇っている伸芽会では、現在でも数多くのお子さまが教室で学んでいます。

第2位 ジャック幼児教育研究所

  • 多くの受験者から入試内容を収集しカリキュラムを構築している

  • 保護者へのサポートにも力を入れているから安心

  • 的確なアドバイスで多くのお子さまが志望校に合格している

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

ジャック幼児教育研究所に対するみんなの口コミ

色んな教室と比較して、こちらの教室に子供を学ばせることにしました。以前授業の見学会や体験会に行ったことがあるのですが、ま...
こちらでは子供の授業を行ってくれるだけではなく、受験に関する講座を保護者向けにも行ってくれますので、安心して教室に通わせ...
子どもの幼稚園受験で、数ある教室の中からこちらの教室をえらびました。その理由は、見学会などのイベントに参加した時、教室に...

心身共に充実した教育指導法を研究している

ジャック幼児教育研究所の教室では、48年という歴史の中で、心身共に充実した子供を育てるための教育指導法を研究してきました。その長い伝統と実績で、多くの親御さんから信頼され続けています。

第3位 ブロッサム

  • 活動経験が豊富な教師が指導を行ってくれる

  • 授業報告など完璧なサポート体制を整えているので安心

  • 毎年多くの名門幼稚園や小学校受験の合格者を輩出している

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

ブロッサムに対するみんなの口コミ

受験合格の実績が豊富にあるこちらの教室は、他の教室にはないきめ細やかな指導をベテランの先生が行っており、また保護者に対し...
こちらでは、ベテランの先生が子供たちを明るくのびのびと引き上げてくれる授業を行ってくれていますので、いつも子供が楽しそう...
以前長男がこちらの教室に通っていたので、長女もこちらの教室に通わせることになりました。こちらでは受験に強い授業を行ってお...

高い合格率と確かな実績がある教室

創立30年を迎えたブロッサムは、経験豊富なベテランの教師が指導を行っているので、毎年高い合格者数を輩出し、確かな実績を誇っています。

第4位 富士チャイルドアカデミー

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

多くの受験生から信頼を獲得している

1979年に幼児英才教育として発足した富士チャイルドアカデミーでは、幼稚園や小学校受験を目指すお子さまとその保護者を支え、これまでに数多くの受験生から信頼を獲得し、合格実績を重ねています。

第5位 わかぎり21

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

毎年の国立幼稚園の受験合格率が高い

わかぎり21では、国立幼稚園・小学校の受験合格率が高く、毎年多くのお子さまが教室で学び、受験に合格しています。

国立幼稚園と私立幼稚園の違い

耳打ちまず幼稚園とは、小学校入学前の集団生活に慣れる一つの教育の場といった位置づけです。そんな幼稚園の中にも国立幼稚園と私立幼稚園があり、それぞれまた違った教育がされています。この国立幼稚園というもの、あまり聞いたことが無い!といった方は多いのではないでしょうか。そこで国立幼稚園と私立幼稚園の違いとはどういったものなのか紹介していきましょう。
【国立幼稚園とは】国立幼稚園は、そのたいていが「~大学附属幼稚園」といった名であり、全国の国立大学の管轄下にあります。なのでその地域の教育委員会などの指導を受けることはなく、独自の教育で指導が行われており、国立大学に附属していることから、エスカレーター式でそのまま中学校まで進学するケースもあります。なのでこの国立幼稚園の受験というのは狭き門になります。しかし大学敷地内にあるので、最適な環境で教育が受けれるといったメリットもあります。
【私立幼稚園とは】教会幼稚園などを見かけたことがあるという方もいらっしゃると思いますが、私立幼稚園は法人運営が多く、園によって教育方針はさまざまです。送迎バスや給食などもあり、親の負担が少なくなります。しかしその分の費用というところは避けられないでしょう。ですがその分教育にも力を入れており、保育時間後にはスイミング教室などが開かれていたり、園の行事も豊富なのでお子さまも親もたくさんの楽しい思い出が作れます。どちらにもその他たくさんのメリットやデメリットはあります。お子さまの意見もしっかり聞いてあげて、お子さまに合った教育環境を提供してあげられるようにしましょう。

国立幼稚園の内容

男女の子供国立幼稚園も公立や私立と同じでだいたい3歳児からのクラス編成で教育や指導を行っています。「国立大学付属幼稚園」と聞くと、なんだかお堅いようにも聞こえてきますが、そんなことはありません。子どもは子どもらしく元気に楽しく遊ぶという教育理念をどこの国立幼稚園でも大切にしています。健康でたくましく、誰とでも仲良くできる自然でのびのびとした教育を大前提に、しっかりとあいさつができ、約束を守り、自分で考えて行動するという指導を心掛けています。
そして年間行事も毎月あり、園の友達みんなで参加する行事と親子で参加する行事が豊富に揃っているので、子どもにとっても親にとっても楽しい思い出になるでしょう。さらにそんな行事の中に、附属大学の見学が出来るというところもあり、附属大学の特色に合った行事なども行っているので、これから勉強していく内容についてもしっかりと体験することが出来ます。一年を通して行う行事の中で身についた協調性などの成長はしっかりと感じられるでしょう。
国立幼稚園の中でも教育理念やカリキュラムというのはさまざまで、またそれぞれに特色はありますが、どこの幼稚園でも「子どもの関心」を大切にしています。子ども一人ひとりの特色に合わせており、子どもたちは仲間と共に生活をする協調性や楽しさをさまざまな行事や遊びで味わっています。

国立幼稚園の1日の流れ

花束を持つ子供学年やクラスによって時間は変わりますが大まかな目安として、国立幼稚園はだいたい9時からの登園で14時には降園となっています。中には7時や7時30分ごろから早朝保育として子どもを預かっている園もあります。登園してきた子どもたちは玄関先で先生たちに「おはようございます」と元気な朝のあいさつをしてから一日が始まります。
そしてかばんや靴を自分たちで収納をして、出席カードにシールやスタンプを張れば「朝の会」まで楽しい自由時間の始まりです。子どもたちは元気に園庭に出て、たくさん遊びます。そしてこの「朝の会」はだいたい10時~10時30分の間に行います。出席確認をしたら全員で元気なあいさつをして、みんなで歌を歌ったりします。この時の出席確認というのは先生が行う園と、お当番さんを決めて子どもたちが直接名前を呼ぶ園があります。子どもたちにとっては大切なお仕事ですね。
朝の会が終わったのちは各学年やクラスに分かれてそれぞれの活動スケジュールが始まります。絵本の読み聞かせや歌を歌ったり、リズムで遊んだりと子どもたちが楽しんで学べる指導をしています。そして12時にはおいしいお昼ごはんの時間です。自分たちで配膳をしたりお片付けをしたり等、昼食にもしっかりとした指導を受けています。昼食が食べ終わった後は終わりの会までまた楽しい自由時間になります。それぞれ好きな遊びをしてからさよならの歌を歌って14時頃には降園です。
この他午前保育というのもあり、お昼前に終わる日もあります。また園によっては忙しくてお迎えが出来ないといったご家庭のために降園後も預かり保育を行っているところもあります。このように国立幼稚園にはさまざまな特色がありますので、園ごとの一日のスケジュールをしっかりと確認しておくことも大切です。

国立幼稚園の費用

抱かれる子供国立幼稚園の受験で一番気になる費用ですが、国立幼稚園の年間保育料は73200円、そして入園料は31300円と決まっています。その他諸費等は園によってさまざまですが、実は幼稚園自体にかかってしまう費用というのはそれほど多くはないのです。しかしこの国立幼稚園というもの、良い環境で子どもを育ててあげたいという親が多いこの時代、とても狭き門になっています。3年保育ともなると倍率が10倍前後になることもしばしば…。
ともなると、国立幼稚園の受験に対策というものが必ず必要になってくるのです。その国立幼稚園の受験の対策は幼児教室や塾に通わせるということが多いですね。そうなるとその分多額な費用がかかってしまいます。さらに、晴れて合格!ともなれば、次にやってくるのは園の方針による必要な費用と、ママ友付き合いでかかる費用ですね。冬休みはママ友グループと子ども達でスキー教室に通わせたりなど、国立幼稚園は学費だけでなく他の教育や交際費などでも費用がかかってしまいます。
そうなれば私立幼稚園と大差ない費用になりますが、小・中学校はエスカレーター式で進学が出来るので安心面では抜群なのではないでしょうか。また、子どもが良い環境で育っていくのならそれにこしたことはありません。せっかく受験を決めたのであれば、国立幼稚園の受験のおすすめの対策法を子どものためにもしっかり考えておくことが第一です。

▲ ページトップへ