国立幼稚園受験のために家で注意すべきこと
2017.07.25

本を広げる親子国立幼稚園の受験では、それぞれのご家庭の教育方針が問われます。全国で50園しかない国立幼稚園は、それぞれの園に教育理念があり、園の教育理念とご家庭の教育方針にズレがあると、指導法もガラリと変わってしまう可能性があるからです。そのためには審査や面接の判断基準として、教育方針がどれだけ合致しているのかというところが重要になります。そこで、日頃からご家庭で注意しておきたいポイントをまとめました。
【親と離れても不安を感じさせないようにする】幼稚園受験は3歳からですが、まだこの歳では親と離れてしまうことに不安を感じてしまう子どもも少なくありません。さらに、普段は泣かないような子でも受験当日の面接などでは周りの環境もあり不安を感じて泣き出してしまう子もいます。子どもの知らない場所で親と離れてしまうという不安を感じさせないように、国立幼稚園の受験は教室や塾などに通わせて少しずつ自然に慣らすことがおすすめだと言えるでしょう。
【受験当日の服装に慣らす】国立幼稚園の受験当日では、細かな服装の指定はありませんが、濃紺や黒のフォーマルなスーツやワンピースといったものが相応しい服装だといわれています。しかし受験当日にいきなり着てしまうと、子どもの不安がさらにかき立てられます。こういった服装面でもまた、日頃から少しずつ着て慣らせることで、受験当日の子どもの不安は解消されます。
【子どもへの語りかけに注意する】子は親の鏡と言いますが、実際に子どもは日頃の親の言葉遣いや絵本の読み聞かせの際の言葉をしっかりと吸収しています。こういった言葉遣いというものはそう簡単に直せるものではありません。日頃から正しい言葉で子どもと接するように心がけましょう。
【夫婦で教育方針を一致させ円満に過ごす】子どもの情緒の安定が最も重要になってくる受験当日ですが、子どもの情緒には家庭環境が最も関係しています。どのご家庭でも夫婦の教育方針の不一致はありますが、お互いの意見をしっかりと話し合い、日頃から穏便に協力し合うことが大切です。幼稚園受験で子ども中心の生活になってしまい夫婦問題が疎かになってしまう前に、子どもにとって一番大切なのは何かということを第一に考えるようにしましょう。園によって教育方針はさまざまなので、受けさせてあげたい国立幼稚園の受験でおすすめな対策法をしっかりと調べ、ご家庭でもその教育方針を取り入れるようにしましょう。

▲ ページトップへ