国立幼稚園に通うメリット
2017.07.25

満面の笑みの子供昔から今も国立幼稚園の受験というのは人気で、今もさまざまな子どもたちが国立幼稚園の受験に向けて幼児教室や塾に通い続けて基礎を学んでいます。その注目度は毎年の倍率が物語っています。狭き門の国立幼稚園ですが、どうしてここまで人気があるのでしょうか。
そもそも国立幼稚園は、教育委員会の管轄下にある公立幼稚園と違い、国立大学の管轄下にあります。ということは、教育委員会からの指導を受けることがなく、附属大学の独自の指導が行われています。国立大学で行われている研究に協力をしたり、国立大学の研究員が在籍しているケースも多いので教育実習に協力してくれたりなんてこともよくある話です。さらに国立幼稚園は大学の敷地内にあり、広い環境で最先端の教育を受けることができ、幼稚園によっては行事で大学の中を歩いて見学することも出来ます。
そしてなんといっても大きなメリットは、学ぶ環境がしっかりと整っていることです。国立幼稚園はエスカレーター式で小学校、中学校、そしてあるところは高校にまでそのまま進学することが出来るのです。小学校受験でバタバタしてしまう前に、保護者はいち早く安心感を得ることも出来るうえ、国立幼稚園の受験で教室や塾に通ってきて努力をしてきた子どもはやり遂げたという気持ちで自信にも繋がります。
また国立幼稚園での受験で教室や塾に通っている子どもたちは基礎がしっかりついていますので、先生の言うことが全く聞けないといった子もいません。難関な受験という狭き門を突破してきた子どもたちなので、お友達の環境というのも整っています。子どものことをしっかりと考えているママたちも多く、国立幼稚園に通っている子ども達のママさん達は仲が非常に良いのです。
また保育にかかる費用も公立幼稚園と変わりはありません。国立幼稚園と聞くとなんだか費用がかかってしまうイメージがありますが、幼稚園自体にかかる費用はそれほど高くはないのです。さらに子ども達だけが参加する行事や、親子共に参加する行事、どちらも豊富に行っているので、子どもたちが楽しみながらお友達と協力し合って成長していく姿を、目の前でたくさん見ることが出来ます。
このように、国立幼稚園の受験ではたくさんのメリットがあります。受験は非常に難しいですが、それに伴う受験対策として通い始める幼児教室や塾などでもしっかりと成長をしていく子どもたちはたくさんいます。国立幼稚園の受験は塾か幼児教室に通わせてみてから決めるのも一つの方法ではないでしょうか。

▲ ページトップへ